検査キットの選び方~使い方

【検査キットの選び方】選ぶ前に知っておきたい5つのポイント

『もしかして性病かも..?』と思って検査や治療のことを色々探しているうちに『郵送検査が可能な性病検査キット』を目にする方も多いと思います。性病検査キットは、病院に行かなくても、そして誰にもバレずに自宅で検査できるため密かに人気がある検査方法です。

しかし、検査キットは種類や項目がたくさんあって『どれを選んでいいかよくわからない』というのが正直なところではないでしょうか。ここでは、検査キットを選ぶにあたって、まず最初に把握しておきたいポイントを5つにまとめました。ぜひ参考にしてくださいね。

性病検査キットを選ぶときの5つのポイント

性病検査キットを選ぶ前に把握して起きたい5つのポイントを説明します。

1.性病の症状を把握しているか

検査キットでの性病検査を行う理由はおおむね2つあります。

1つ目は定期的に検査している方が使用する

2つ目に何らかの症状が出たため念のため検査しておきたい。

特に、検査キットをお探しの方は、2つめの何らかの症状が表れ、それが性病の症状なのかを念のため検査しておきたいという方が多い傾向です。症状がある方は『症状から性病名の検索』を参照してください。

性病検査しても『陰性だった』という人も多く、その症状がただの生理現象や体調不良からくるものなのか、性病に感染しているものなのかは、検査結果が出るまではわかりませんが、検査項目を選ぶうえで症状の把握はある程度必要です。

point1.自身の症状はある程度把握しておく

2.性器以外への感染の恐れ

性病は主に性器に感染しますが、実は咽喉(のど)にも感染するケースがあります。特に、キスやフェラなどのオーラルセックスが一般的な現代では、咽喉(のど)の感染者が急増しています。

検査キットには咽喉(のど)の検査ができるタイプがあることが利点です。例えば、婦人科で性病検査しても咽喉(のど)の検査は受け付けておらず、別で耳鼻咽喉科に検査しに行く必要が出てきます。二度手間にならないよう検査キットは咽喉(のど)の検査も入れておくべきです。

point2.検査キットを利用するなら咽喉(のど)の検査ができるキットを選ぶ

3.複数感染している可能性も考える

性病に感染した場合、1つの種類だけではなく2つ以上の感染をしているケースも珍しくありません。性病に感染するということは、もちろん感染しようと思ったわけではありませんが、それなりに感染しやすい行為をしてしまった結果といえます。

例えば、『不特定多数の人との性行為』や『アナルセックスやオーラルセックス』といった行為は、それなりに性病感染のリスクが高まり、特に複数人との性行為はそれぞれ異なる種類の性病をもらっている可能性が高まります。

point3.複数感染している可能性も踏まえて検査項目数は出来るだけ多いものを選ぶ

4.パートナーの感染も考慮する

『性病かも..?』と思ったら、パートナーの感染も疑いましょう。どちらかが性病になると『浮気』という文字が浮かび上がりますが、カンジダやヘルペスのように体内にもともとある菌やウイルスが原因で発症してしまうこともあります。

性病は自然治癒が困難な病気な為、抗生物質等での治療が必要です。どちらかが感染していることで『ピンポン感染』が続いて重症化する可能性があるため、パートナーがいる場合にはペアで検査を受けましょう。

point4.パートナーがいる方はピンポン感染を防ぐためにペア用キットを選ぶ

5.検査後の治療について

性病検査後の治療のことも念のため考えておきましょう。

上記でもお伝えしましたが、性病は自然治癒しない病気です。『性病を放置する恐ろしい3つのリスク』でも解説しましたが、放っておくと重症化するリスクもあります。

性病検査キットを選ぶうえで重要なポイントの1つに、その検査キットメーカーとの提携病院数が多さがあります。これは、もし陽性判定が出たしても、検査キットでの検査報告書を提携病院に持っていくことで、再検査を省いてすぐに治療ができるという利点があるからです。

(※医師の判断で再検査を行う場合もあります)

point5.治療のことも考えて提携病院数が多い検査キットメーカーを選ぶ

みんなが選ぶ性病検査キットはコレ!

性病検査キットを選ぶポイントを踏まえてお勧めしたい検査キットメーカーはGME医学検査研究所です。

GMEのおすすめポイント

  1. 登録衛生検査所で検査する信頼できる医療法人
  2. 複数項目の検査キットが豊富
  3. ペア検査の豊富さ業界No.1!
  4. 365日の検査体制で土日祝でも検査可能なのはGMEだけ!
  5. 業界の中でも珍しいローコストパッケージがありお得に購入できる!
  6. 送料や支払手数料が無料でコスト面でも優しい
  7. 提携病院数が全国に2000件以上ある!

性病検査項目の豊富さや、ペアでの検査、コスト面どれをとっても優秀で、さらに土日の検査も対応しているのはGMEだけ!また、検査キットメーカーのほとんどの提携病院数は、数十~数百程度の中GMEの提携病院数は2000件以上!検査後のことも念のため考えておくとGMEの検査キットが断然おすすめです!

GMEのおすすめ検査キット

性病6項目+のど2項目【男性用】

料金:15,200円(スタンダード)

検査項目:クラミジア・淋病・カンジダ・トリコモナス・HIV(エイズ)・梅毒・クラミジア(のど)・淋菌(のど)

男性用6+2項目はこちら≫

性病6項目+のど2項目【女性用】

料金:15,200円(スタンダード)

検査項目:クラミジア・淋病・カンジダ・トリコモナス・HIV(エイズ)・梅毒・クラミジア(のど)・淋菌(のど)

女性用6+2項目はこちら≫

性病6項目+2項目【ペアセット】

料金:27,320円(スタンダード)

検査項目:クラミジア・淋病・カンジダ・トリコモナス・HIV(エイズ)・梅毒・クラミジア(のど)・淋菌(のど)

ペア用6+2項目はこちら≫

【チェック!】あわせて読みたい!
検査キットの選び方~使い方

性病検査キットの使い方と検体採取方法を解説!

2021年5月23日
性病検査の病院なび
性病検査キットは自宅で誰にもバレずに性病検査ができ、尚且つちゃんと検体の採取ができれば検査精度も病院とそん色ありません。検体採取は一見難しいようにも見えますが、実はちゃんと説明書通 …
検査キットの選び方~使い方

『何項目を選ぶべき?』性病検査キットの選び方

2021年5月22日
性病検査の病院なび
性病検査キットを選ぶ際に必ず迷ってしまう検査項目。選び方って難しいですよね。 検査項目の種類は多く、性病の種類を幅広く検査すると金額が高くなり出費が多くなります。また検査項目をしぼ …