性病予防

もしかして性病かも?病院へ行けない時の応急処置

『この前エッチしてから少し違和感が…』

『病院で性病科確かめたいけど時間がない…』

性器や性器周辺に違和感があり『もしかしたら性病かも?』と頭によぎります。

しかし、病院で検査しようと思っても、仕事が忙しく病院へ行けないことや、性病の検査や治療を行う病院が近くにないためすぐに行けないこともあるかと思います。何らかの理由ですぐに病院で検査や治療を受けられない方向けに、性病かもしれないときの応急処置の方法を解説します。

性病かもしれないけど病院へ行けないときの対処法

もし、性器周辺がいつもと違う感じがしたり、かゆみやおりものの変化があった場合は、もしかしたら性病に感染しているかもしれません。性病のほとんどは自然治癒しない病気なため、重症化する前に必ず治療が必要です。本来は、病院で検査や治療が望ましいですが、病院へ行けない時でも落ち着いて対処していきましょう。

1.まずは検査して性病の特定を

性病の治療は、その性病の原因である病原菌やウイルスによって異なります。例えば、インフルエンザにかかっているのに、普通の風邪薬飲んでもインフルエンザは治りません。性病もそれと同じで治療薬を治療方法を選ぶためにも『どんな性病に感染しているのか』確定する必要があります。

性病は、性病科や泌尿器科、婦人科などで検査可能ですが、病院へ行けない場合は、郵送検査が可能な『性病検査キット』を使用しましょう。性病検査キットは、登録衛生検査所で検査するため、病院や保健所と同等の信頼度があります。

性病検査キットの詳細ページはこちら≫

登録衛生検査所とは、病気の診断や健康診断のために採取された血液等の検体を医療機関から集めて検査する施設のことです。

2.その性病の治療薬や抗生物質を確認する

性病検査キットで性病名を確定したら、治療薬や抗生物質があるか確認しましょう。もちろん、性病の種類によって病院でしか処方されない治療薬もありますが、通販を利用することで、性病の治療薬や抗生物質を購入することができます

性病の治療薬を探す≫

ドラッグストアなどで販売している薬品で代用することは止めましょう。場合によっては症状が悪化してしまう可能性があるため、必ず専用の治療薬を使用してください。

また、ご自身で治療薬や抗生物質を購入して服用する場合は、必ず記載されている用法・用量を守って服用しましょう。

3.症状が治まっても再検査を忘れずに

性病の症状が治まっても、必ず再検査を行いましょう。それは、性病の病原菌が体内に残っていると、また時間をかけて増殖し、再発を招いてしまうからです。

また、性病の治療薬や抗生物質を服用すると、早い場合は3日~4日ほどで症状が軽くなったりしますが、指定された治療期間を待たずに途中で治療をやめてしまうことは避けましょう

ほとんどの場合は、決められた治療薬、治療期間を正しく守ることで性病は治りますが、まれに治療期間を終えても病原菌が体内に残ってしまう場合があります。例えば、お腹の調子が悪くて経口薬がうまく吸収できなかったり、治療薬を服用することを忘れてしまったりすることで、完治しない場合もあります。そのため、『念のため』も含めて、必ず再検査を行いましょう。

病院へ行けるタイミングで行きましょう

上記で性病の疑いがある場合の応急処置の方法を紹介しましたが、性病の治療はやはり病院で医師の診察のもと行うことが理想的です。もし、治療の途中であっても、病院へ行けるタイミングがあれば診察してもらいましょう。

性病検査キットを選ぶ際は、検査キットメーカーとの提携病院数が多い、または提携病院が最寄りにあるメーカーにしましょう。検査キットでの検査報告書を提携病院へ持っていくことで、再検査を省くことができるため、検査する時間や費用面でも余計な負担がなくなります。

提携病院が多いキットメーカーはこちら≫

※医師の判断で再検査を行う場合もあります

【チェック!】あわせて読みたい!