性病の薬・抗生物質特集

クラミジアの治療薬・抗生物質ならジスロマックがおすすめ!

クラミジアの治療には、抗生物質を用いた投薬治療です。クラミジアは菌が原因のため、その菌に効く抗菌薬(抗生物質)を服用します。

以前までのクラミジアや淋病の治療には『クラビット』がよく使用されていましたが、近年は初日に服用するだけで1週間ほど抗菌作用が続く『ジスロマック』が幅広く使われています。では以下で詳しく解説したいと思います。

アジー1000mg (ジスロマックジェネリック)≫

クラミジアの治療薬・抗生物質のおすすめは?

ではクラミジアの治療に使われる治療薬・抗生物質について詳しく解説します。

クラミジアの治療に使われる抗生剤・抗生物質とは?

クラミジアの治療には抗菌薬(抗生剤・抗生物質)が使われます。抗菌薬の成分には、マクロライド系の抗生物質『アジスロマイシン』や、キノロン系の抗生物質『レボフロキサシン』などが代表的で、それぞれ菌の繁殖を抑える働きがあります。

そのため、抗生物質を使うと、菌がそれ以上増えなくなり、残った菌は体の免疫力によって排除されていきます。体内からいなくなるまでを投与期間とし、それが治療期間ということです。投与期間はその人の状態によっても異なりますが、おおむね2週間~4週間程度が通常です。抗菌薬によるクラミジアの治癒率は90%以上と非常に高いため、ほぼ確実に治療が成功します。

クラミジアの治療薬ならジスロマック!

ジスロマックは、たった1回の服用でクラミジアをほぼ完治させることができる抗生物質です。マクロライド系の抗生物質『アジスロマイシン』が有効成分でで、効果の持続時間が非常に長いという特徴があり、服用を複数回に分ける必要がないため、クラミジアの治療にはジスロマックが医療機関で第一選択薬となってきています。

また、クラミジアの耐性化が進んでおらず、臨床試験では90%以上の高い有効率が実証されています。ジスロックは日本性感染症学会が発行するクラミジアの治療ガイドラインにおいて、最も効果があるとされるAランク評価の治療薬です。

ジスロマックのジェネリックであるジニーとは?

実はジスロマックのジェネリックであるAZEE(アジー)がクラミジアの再発者してしまった方などから注目を集めています。『またクラミジアが再発してしまった..』『病院の内診に抵抗が…』というかたはAZEE(アジー)を検討してみてはいかがでしょうか。

AZEEアジー(ジスロマックジェネリック)
AZEE(アジー)はジスロマックのジェネリック医薬品で、通販で購入することが可能です。
 
ジェネリック医薬品とは、先発医薬品と同じ有効成分を使っており、品質、効き目、安全性が同等な薬です。製造会社が異なるため名称も先発薬と異なります。
 
通常の抗生物質のように1日2回~3回の服用を毎日続けるわけでなく、アジーもジスロマック同様に1回の服用だけでクラミジアがほぼ完治するお薬です。
おすすめ度
効能 抗菌作用
有効成分 アジスロマイシン(Azithromycin)1000mg
用法 1錠を1回服用
内容量 10錠/箱

アジー1000mg を購入する≫

クラミジアの治療薬の飲み方や副作用

次にクラミジアの治療薬であるジスロマックの飲み方や副作用について解説します。AZEE(アジー)も同様ですので購入する方もぜひごらんください。

ジスロマックの飲み方

1000mg(1錠)を1回経口投与します。1回の服用で約10日間効果が継続します。約10日後にクラミジアの再検査を行ってください。

食事による影響はあまり考えなくてよく、食事の有無に関わらずいつ服用しても特に問題ありません。

ジスロマックの副作用

ジスロマックやアジーの有効成分アジスロマイシンによる主な副作用は、何べんや軽い下痢が比較的多くみられ、その他にはめまいや吐き気が起こる場合があります。

めったにありませんが、アナフィラキシーや、中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群が疑われる症状(発疹、粘膜のただれ、水ぶくれなど)があらわれた場合には、服用を中止しすぐに医師の診察を受けてください。

ジスロマックを服用するときのその他参考事項

クラミジアの治療薬であるジスロマックやアジーを服用する際に参考にしてください。

クラビットやビブラマイシンを推奨しない理由とは?

ジスロマック以外にも、クラビットやビブラマイシンといった薬が使われる場合があります。これらの薬は1週間続けて飲む必要があり飲み忘れる可能性が高まります。

治療薬であるクラビットやビブラマイシンなどを飲み忘れてしまうことで、菌が再び繁殖したり、薬に耐性を持ったりしてしまうので注意が必要です。

用法、用量を守れば、ほぼ確実に性器クラミジアを完治できますが、クラビットやビブラマイシンなどは妊婦にあまり推奨されていません。ジスロマックやアジーは1回1錠でほぼ完治するためこちらを推奨しています。

クラミジアが完治したか再検査を

性器クラミジアの治療で気をつけなくてはいけないのが『再発』です。ジスロマックやアジーを服用することでほぼ完治しますが、再検査を受けずに「もう治った」と薬の服用をやめると、万が一菌が残っていた場合は再び繁殖してしまいます。

クラミジアが完治しない場合は?

クラミジアが完治しない場合は、症状が似ている淋病など複数感染している可能性もあります。

淋病の症状としては、男性では尿道からの膿や排尿痛、女性ではおりものの増量や不正出血などが見られ、クラミジアの症状と似ているため見極めることが困難です。検査する際は、クラミジアと淋病を同時検査をおすすめしています。

クラミジアと淋病の検査キットはこちら≫

クラミジアが治ったらキスや性行為はOK?

クラミジアが検査の結果、陰性判定を受ければキスや性行為を行っても大丈夫です。それまでは必ずキスや性行為はもちろん、コップの飲みまわしなども念のため避けたほうが無難でしょう。

クラミジアは「クラミジア・トラコマティス」という病原菌が原因で、性器や直腸などに感染して炎症をおこす性感染症です。

参考:クラミジアの症状や感染経路、治療方法について

性病の治療薬・抗生物質一覧へ戻る≫

【チェック!】あわせて読みたい!