性行為の種類

フェラチオやクンニリングスで性病感染するリスクとオーラルセックスで感染しやすい性病の種類について

『フェラやクンニしてからのどに違和感が…』

『風俗店でフェラされてから何かおかしい…』

フェラやクンニ、シックスナインやアナル舐めなど、オーラルセックスが一般的となるにともない、それらの行為によって性病に感染するリスクが高まっています。一般的なカップル間でのオーラルセックスはもちろん、風俗店でのフェラやクンニは非常に感染リスクが高いと言えます。

フェラやクンニをした、もしくはされてから、性器や咽喉(のど)に違和感がある場合、もしかしたら性病に感染している可能性があります。今回は、フェラやクンニで、性病に感染するリスクと、感染しやすい性病の種類、検査方法について解説します。

咽喉(のど)の検査はこちら≫

フェラやクンニでも性病に感染するってほんと?

性病には咽喉(のど)や口周辺に感染する種類があります。フェラやクンニをした側も、された側も性病に感染するリスクがあるため、ここでは双方のリスクを解説します。

フェラやクンニをして性病に感染するリスク

相手の性器に性病が感染している状態で、フェラやクンニをすることで、自身の咽喉や口に性病が感染する可能性があります

フェラの場合、男性器と舐める側の人の喉の粘膜が接触することで、性病感染の可能性があります。クンニの場合、女性器の粘膜と舐める側の口腔の粘膜との接触が起こり『粘膜感染』のリスクがあります。

咽喉に感染というと、女性が男性のペニスをフェラチオすることで、咽喉の粘膜に感染するパターンが非常に多いため、咽頭クラミジアや咽頭淋菌は、女性の病気というイメージが強いです。しかし、男性がクンニをして感染することも普通にあります。

point.性病の多くは無症状が多いですが、特に、相手の性器にブツブツやただれ、おりものの強い臭いなど、症状が確認される場合は、フェラやクンニを行うことは避けましょう。また、フェラの場合はコンドームを使用することで感染リスクを軽減することができます。

フェラやクンニをされて性病に感染するリスク

上記とは逆に、フェラやクンニをされて性病に感染するケースもあります。

フェラをする相手の女性が咽喉(のど)や口周辺に性病を感染していた場合、その性病がペニスに感染する場合があります。また、女性がクンニされる際、男性の咽喉(のど)に性病感染がある場合、女性器にその性病が感染する可能性があります。

point.フェラやクンニによって、性器から咽喉(のど)に感染した性病が、その後のフェラやクンニによって更なる感染を起こす可能性があります。

フェラやクンニで感染リスクが高い性病

フェラやクンニで感染の可能性、リスクが高い性病は以下の通りです。

クラミジアや淋病は、多くの性病の中でも感染力が強く、男性器や女性器から咽喉に感染するリスクが非常に高いと言われています。咽喉に感染することで、その後のフェラやクンニによって、相手の男性器や女性器に感染させてしまいます。

また、血液から感染するB型肝炎や梅毒なども感染力が非常に高いため注意が必要です。口内の少しの傷口や、ペニスや膣内の少しの傷口などの出血が原因で感染するリスクが生じます。また、生理中の性行為も血液で感染する性病があるため注意が必要です。

point.性病は複数感染する可能性もあります。性器クラミジア感染症に感染している人の一定数の、男性の精液や、女性の膣液(膣分泌液)には、クラミジアだけではなく淋菌などの病原菌が混じっており、複数感染のケースも多発しています。

フェラやクンニをする事で、相手の精液や膣液が口に入り、舐めた人の喉の粘膜に感染してしまう可能性がありますので、心当たりがある場合は、早めの検査を推奨しています。

咽喉(のど)の検査はこちら≫

フェラやクンニで感染する性病は感染力が高い

クラミジアや淋病の脅威の感染力

咽喉に感染しやすいクラミジアや淋病は非常に感染力が高く、1回のフェラやクンニで約30%ほどの確率で感染するといわれています。

主な感染経路は、ペニスや女性器、アナル、口内などの粘膜同士の接触によって感染します。通常のセックス(膣性交)の感染確率はおおよそ30%~50%と言われています。

point.咽喉にクラミジアや淋病が感染していたとしても、そのほとんどが無症状なため気付かずに相手に移してしまうことも。さらに、症状があっても通常の風邪と似ているため、特に気にしない方も多く、自身が感染していると自覚することがとても難しいことも感染拡大の要因となっているようです。

ピンサロなどの風俗も要注意

料金設定も低く手軽に行けるピンサロなどの風俗店も感染する可能性が高いため要注意です。ピンサロでは膣性交などを行わないため、性病に感染するリスクが低いと思われがちですが、上記の通り、咽喉に感染している女性も多いため、口内とペニスの粘膜同士の接触によって感染する可能性が非常に高いと言えます。

また、ピンサロなどで働く女性側も、比較的、気軽に働ける利点はありますが、自身が咽喉に感染するリスクが高いことを知っておきましょう。

ピンサロなどの風俗店で貰ってきた性病を、キスなどで彼氏や彼女に移してしまう事例も多数あります。自分の彼女や彼氏に感染させてしまうことで、結局自分の性器に回ってくることに。

point.特に、ピンサロなどの風俗店は回転数(1日にフェラする回数)が非常に多いため、その分、感染機会がとても多いと言えます。また、風俗店に限らずセックスパートナーが多い方は感染機会が多いため感染リスクが高まります。

性病はキスやディープキスでも感染する

クラミジアや淋病、性器ヘルペスなどの性病は、キスやディープキスでも感染する可能性があります。軽いキスくらいでしたらほとんど感染しませんが、濃厚なディープキスは感染リスクが高まります。

参照:キスやディープキスでも性病は感染するの?

フェラやクンニで性病感染に不安がある場合は必ず検査を

フェラやクンニによって感染リスクが高い、クラミジアや淋病、性器ヘルペス、梅毒、B型肝炎などの性病は、自然治癒しない病気なため治療が必要です。検査を検討している方は、以下の病院や検査方法を参考にしてください。

性器の検査は泌尿器科や婦人科へ

フェラやクンニをされて、性器に何らかの性病が感染している可能性がある方は必ず病院での検査を受けましょう。性病検査は、『性病科』で受けることを推奨していますが、性病科に抵抗を感じる方も多いと思います。男性であれば泌尿器科、女性であれば婦人科や産婦人科でも診察してもらえます。

咽喉(のど)に違和感がある場合は耳鼻咽喉科へ

咽喉の性病検査を行いたい方は、耳鼻咽喉科に行きましょう。細い綿棒のようなもので咽喉の分泌物を採取したり、うがい液を取り、咽喉の検査を行います。性病の治療は、専用の治療薬を用いることで、ほとんどの場合はスムーズに完治することも多いため、早めの検査が大切です。。

point.婦人科や泌尿器科では咽喉の検査を行っていないことも多いため、咽喉の検査を希望する方は、事前に病院に問い合わせておきましょう。

性器と咽喉の同時検査は性病検査キットがおすすめ

性器と咽喉の同時検査なら郵送検査が可能な性病検査キットがおすすめです。クラミジアや淋病が咽喉に感染している多くの場合、ペニスや膣など性器にも同時に感染している可能性が高いため、性器と咽喉を同時に検査する必要があります。

性病検査キットは、病院へ行かずに検査可能な為、誰にもバレずに性病検査が可能です。また、万が一陽性判定(性病と判定)された場合でも、その検査結果報告書を病院へ持参することで、その後も治療もスムーズに行えます。

⇓男性の検査キットはこちら⇓

クラミジア・淋病の検査キット≫

⇓女性の検査キットはこちら⇓

クラミジア・淋病の検査キット≫

【チェック!】あわせて読みたい!