性病の種類と性病名

マイコプラズマの症状や感染経路、潜伏期間や検査方法について解説します!

『排尿時の痛みがあったりや膿がでる…』

『性病検査してクラミジアや淋病が陰性判定なのに違和感がずっと続く…』

排尿時の痛みや尿道の先から膿(うみ)が出るような尿道炎の原因は、もしかしたらマイコプラズマやウレアプラズマの可能性があります。

尿道炎(膣炎)の原因は、クラミジア淋菌が多いですが、実は他にもあります。

クラミジア・淋菌以外が原因ということで、病名は「非クラミジア性非淋菌性尿道炎」と呼ばれ、近年、その原因菌として、マイコプラズマ・ウレアプラズマが注目されています。なかなか治らない尿道炎や再発する尿道炎にお困りの方は、もしかするとマイコプラズマやウレアプラズマが原因かもしれません。

今回は、マイコプラズマ・ウレアプラズマ症状や感染経路、潜伏期間や検査方法、治療方法について詳しく解説したいと思います。

マイコプラズマ・ウレアプラズマの症状や感染経路

性器マイコプラズマ・ウレアプラズマ感染症とは、性器へマイコプラズマやウレアプラズマが感染することで生じる感染症で、日本でこの検査が行われるようになったのが 2012年からと比較的最近知られるようになった感染症となります。マイコプラズマ・ウレアプラズマは菌の一種です。

マイコプラズマ・ウレアプラズマの主な症状は尿道炎

性器マイコプラズマ・ウレアプラズマ感染症の症状のほとんどは軽度のため、あまり気付かないこともしばしば。特に女性は症状が出にくいとされています。また、クラミジア感染に症状が似ているために検査でしか判別ができません。

性別 主な症状

男性

クラミジア感染症に近い症状が出るものの、軽度なため気が付かないことが多いです。

  • 陰部の軽いかゆみがある
  • 陰部の不快感がある
  • 少量の膿などの分泌物がでる
  • 排尿時に軽い痛みがある
  • 下着が分泌物で汚れる

女性

女性の場合、ほとんどが無症状で気付くことが難しいと言えます。

  • おりものの量が少し増えた
  • 外陰部に軽いかゆみがある
  • 排尿時に軽い痛みがある

point. マイコプラズマ・ウレアプラズマ感染症の症状のほとんどは、無症状か軽度な症状のため気付きにくいことが特徴的です。

しかし、放置することで、男性は症状の悪化・精巣上体炎・前立腺炎などの原因に、女性は症状の悪化・卵管炎・腹膜炎・子宮外妊娠・不妊症の原因となる可能性があるため、性器に違和感を感じたら『念のため』検査しておくべきでしょう。

参考:性病検査キット人気ランキング≫

マイコプラズマ・ウレアプラズマの潜伏期間

マイコプラズマ・ウレアプラズマの潜伏期間、つまり、感染してから症状が出るまでの期間は1週間〜5週間と言われています。尿道炎のような症状がでているなら、1週間~5週間を目安に感染機会や感染経路をさかのぼってみてください。

マイコプラズマ・ウレアプラズマの感染経路

マイコプラズマ・ウレアプラズマの主な感染経路は、性行為(セックス)・性器どうしの接触感染・オーラルセックス(フェラやクンニ)などが挙げられます。

マイコプラズマ・ウレアプラズマの感染力は弱いといわれていますが、菌が住み着きやすい粘膜どうしの接触によって感染します。特に尿道や、膣の粘膜は感染する可能性が高まります。

マイコプラズマとマイコプラズマ肺炎は違う?

実は、性病を起こすマイコプラズマと肺炎を起こすマイコプラズマは、同じ名称ですが、性病のマイコプラズマの原因菌と、マイコプラズマ肺炎の原因菌は異なります。

性病におけるマイコプラズマは、キスを含めた性行為による粘膜同士の接触を感染経路とする感染症です。 対してマイコプラズマ肺炎は、マイコプラズマ肺炎の原因菌が、咳やくしゃみなどの飛沫感染や接触感染によって気管や気管支から感染して引き起こされる肺炎です。 

point.そもそも病原菌が異なるため、マイコプラズマ肺炎に現在感染しているから、性病のマイコプラズマにも感染しているというわけではありません。その逆もしかりです。 性病のマイコプラズマにしても、マイコプラズマ肺炎にしても、症状だけで判断するのは難しいので、気になった際には相談・検査されることが早期発見に繋がります。

マイコプラズマ・ウレアプラズマが原因の尿道炎の割合は?

クラミジア・淋菌以外が原因の尿道炎は「非クラミジア性非淋菌性尿道炎」と呼ばれています。実は、尿道炎の多くはクラミジアや淋病と言われていますが、マイコプラズマ・ウレアプラズマが原因での尿道炎の割合とほぼ同じで、かなり多いといえるでしょう。

上記の図は性病検査キット(STDチェッカー)メーカーであるアルパコーポレーションでの検査結果ですが、実際は、性病検査を行っていない方も多いため、マイコプラズマ・ウレアプラズマが原因の尿道炎は全体で20%ほどあるのではないかと言われています。

point. 尿道炎は、大腸菌やインフルエンザなど他の菌やウイルスが原因の可能性もあります。

マイコプラズマ・ウレアプラズマは自然治癒する?

マイコプラズマ・ウレアプラズマは尿道炎の原因菌になることがあるものの、常在菌ではないかという見方もあります。よって、症状がなければあまり神経質に考える必要はないかもしれません。

しかし、放置することで症状の重症化に繋がることや、他の性病などと複数感染している可能性もあるため、基本的にはしっかり検査・治療をするべきでしょう。

point. もし、クラミジアや淋病などの検査を受ける際は、マイコプラズマ・ウレアプラズマも同時に検査することを検討してみてはいかがでしょうか。

参照:『性病検査で病院・保健所・計病検査キットの比較

マイコプラズマ・ウレアプラズマの検査方法や費用について

マイコプラズマ・ウレアプラズマを放っておくことで、パートナーとのピンポン感染のリスクや、のちに重症化するリスクがあるため、必ず検査しておきたい性病の1つです。マイコプラズマ・ウレアプラズマの検査方法や検査が可能な場所や検査費用について説明します。

マイコプラズマ・ウレアプラズマは検査したほうがいい?

マイコプラズマ・ウレアプラズマは、2012年から日本でも検査ができるようになった性感染症の一種です。

症状がなくとも感染していることも考えられるため、感染機会があった時や、なかなか治らない軽い尿道炎の様な症状が続いている時、特にクラミジアや淋病が陰性判定だったのに尿道炎が治らない時は、マイコプラズマ・ウレアプラズマの検査を推奨しています。

マイコプラズマ・ウレアプラズマの検査方法

通常、マイコプラズマ・ウレアプラズマの検査はPCR法で行っています。菌のDNAを増幅して検出する方法であるので、確実な診断結果が下せます。

PCR法

マイコプラズマ・ウレアプラズマの遺伝子(抗原)を何万倍にも増幅して見つけ出す方法です。ほんのわずかなマイコプラズマ・ウレアプラズマでも見つけることができるとても感度が高い検査です。

※日本国内で利用できるマイコプラズマ・ウレアプラズマの検査はこの検査法のみです。また、通常の婦人科などの病院ではマイコプラズマ・ウレアプラズマの検査を行っていないことが多いです。

検査可能期間 感染機会から24時間以上経過後
検体

男性:初尿

女性:膣分泌液

※医療機関によっては咽喉(のど)や肛門の検査もできます。

検査結果

検体の検査開始後1~4日ほど

※土日など曜日によっても異なります。

point. 日本ではまだ保険適応になっていませんので、完全保険診療の病院の多くは検査をしません。ですので、性感染症専門のクリニックか、性病検査キットでの検査を推奨しています。ご自身で検体を採取する際は、性病検査キット人気ランキングを参照ください。

マイコプラズマ・ウレアプラズマの検査結果の見かた

陰性(-) 陰性判定です。マイコプラズマ・ウレアプラズマは検出されませんでした。
陽性(+) 陽性判定です。マイコプラズマ・ウレアプラズマが検出されました。

検査結果は『陰性(-)』や『陽性(+)』などで表記されます。医療機関によっては記号だけ『(-)や(+)』の表示の場合もあります。陽性判定が出た場合は、そのまま治療に進みましょう。

マイコプラズマ・ウレアプラズマの検査ができる場所や方法について

通常の性病検査ができる場所は、主に病院か保健所、郵送検査である性病検査キットがあります。しかし、マイコプラズマ・ウレアプラズマの検査は保険適用ではないため、一部の病院でしか対応していません。

病院(男性) 性病科、または一部の病院
病院(女性) 性病科、または一部の病院
保健所

各都道府県の保健所

※各保健所では無料で性病検査を行っていますが、月1回ほどしか検査日が設けていないケースも多く、さらに検査項目が少なくマイコプラズマ・ウレアプラズマの検査を行っているか事前に確認が必要です。

性病検査キット

アルバコーポレーション(STDチェッカー)・予防会

※検査キットを使用した郵送検査を行います。ご自身で検体を採取し、専用の容器に保管してポストに投函し検査所で検査が行われます。後日、スマホやパソコン等で検査結果を確認します。

参考:各性病キットメーカーの比較はこちら≫

point.症状が強く出ている場合は必ず病院(性病科)で検査しそのまま治療を行いましょう。

無症状または、軽度の症状の場合は、性病検査キットを利用することで病院へ行くことに抵抗がある方でも簡単に検査できます。

また、症状がクラミジアや淋病と似ていることから、そちらの可能性も捨てきれません。複数同時の検査であれば、性病検査キットを推奨しています。性病検査キットとは?6つのメリット解説!』をご覧ください。

マイコプラズマ・ウレアプラズマの検査料金とおすすめ検査キットメーカー

梅毒の検査料金についてです。病院で検査する場合、症状が出ているケースは保険適用となり、無症状の場合は保険適用外となります。保険適用の有無によって料金に差がありますので注意が必要です。

病院

診察・検査代:8,000円~12,000円

初診料(再診料):1,000円~2000円(200円~1,000円)

合計:1,000円~14,000円程度

※マイコプラズマ・ウレアプラズマの検査は保険適用外です。また、上記の金額はマイコプラズマのみの検査料金です。ウレアプラズマも検査すると20,000円~30,000円程度かかる場合があります。

保健所

基本的に無料

※マイコプラズマ・ウレアプラズマの検査を行っていない保健所もありますので事前に確認しましょう。

性病検査キット

7,500円~20,000円

※性病検査キットをお考えの方は『性病検査キットを選ぶ前に知っておきたい5つのポイント』を参照してください。

point.性病検査キットでのマイコプラズマ・ウレアプラズマ検査は、STDチェッカーで有名なアルパコーポレーションか予防会がおすすめです!

①アルパコーポレーションのSTDチェッカー

12,100円~

クラミジアや淋病、マイコプラズマ、ウレアプラズマの4つを同時に検査できる検査キットがおすすめです!徹底的に検査したい方は、エイズや梅毒も同時に検査できる10項目を!(※男性用の検査キットのみ)

アルパコーポレーションでの検査結果がもし陽性判定であっても、全国44,000件もの医療機関から、あなたに最適な病院を案内してもらえるからとても安心です!

STDチェッカーはこちら≫

②予防会

7,540円~

予防会はマイコプラズマ・ウレアプラズマだけの検査キットがあるため、『クラミジアや淋病の検査が陰性判定なのに尿道炎が治らない..』という方におすすめ!クラミジアや淋病とのセット検査キットもあります。検査後の治療も視野に入れると、病院が東京に多いため、都内の方におすすめです。

予防会はこちら≫

マイコプラズマ・ウレアプラズマの治療方法・治療薬について

マイコプラズマ・ウレアプラズマの治療は、体内の菌を除去する抗生剤(抗生物質)を1回、または1週間続けて服用する方法です。

マイコプラズマ・ウレアプラズマの抗生剤と治療期間

マイコプラズマかウレアプラズマによって抗生物質の種類や治療期間が異なるばあいがあります。

病名 治療薬の服用期間の目安
マイコプラズマ
  • 一般的には1週間服用する抗生剤を処方される
  • ニューキノロン系の抗生物質
ウレアプラズマ
  • 一般的には1回だけ服用する抗生剤、もしくは1週間服用する抗生剤を処方される
  • マクロライド系、テトラサイクリン系、ニューキノロン系の抗生物質

point. マイコプラズマ・ウレアプラズマの治療薬は、身体の中の『菌』を除去する抗生物質です。1週間連続服用の抗生剤の場合は、必ず用法用量を守りましょう。また、1回の治療だけでは完治できない場合もあります。必ず陰性判定が出るまで再検査を受けましょう。

マイコプラズマ・ウレアプラズの抗生物質ニューキノロン系とは?

キノロン系の抗生物質は、ニューキノロンとオールドキノロンがあります。

そもそもキノロン系とは、抗生物質は、ペニシリンの登場から沢山の種類が開発されていて、多くの抗生物質は天然物から抽出してきたものですが、人工的に、発見、合成された抗生物質もあります。その代表がキノロン系抗菌剤です。

ニューキノロンとは、ノルフロキサシン以降に開発されたキノロン系抗生物質に付けられた総称です。ニューキノロン系の特徴としては『代謝安定性が向上し体内動態が改善された』や『抗菌スペクトラムが広い』ことが挙げられます。

マイコプラズマ・ウレアプラズマの症状がなくても治療は必要?

マイコプラズマ・ウレアプラズマは尿道炎の原因菌になることがあるものの、常在菌ではないかという見方もあります。よって、陽性判定が出たとしても、症状がなければあまり神経質に考える必要はないかもしれません。

しかし、マイコプラズマ・ウレアプラズマは、パートナーに感染する可能性も高く、流産や早産などの一因になるかもしれない、という見方があるため、症状がなくても念のため治療しておくことを推奨しています。

point.医療機関(婦人科)においても、マイコプラズマ等を「特定して検出」する検査は実施されていませんが、症状がある場合は、雑菌等の治療として、抗生物質の処方などで対処されます。

マイコプラズマ・ウレアプラズマの症状・検査方法まとめ

性器マイコプラズマ・ウレアプラズマ感染症は、『菌』が原因で感染・症状の発症が起こります。

しかし、症状は軽度か無症状が多いため、気付かない人も多いとされています。症状があったとしても『クラミジアや淋病の検査はしたけどマイコプラズマ・ウレアプラズマの検査をしていないため検出されない』という事例もたくさんあります。

クラミジアや淋病の検査は陰性判定でも、尿道炎がなかなか治らなかったり、おりものの変化がみられた場合は、もしかしたらマイコプラズマ・ウレアプラズマの可能性があります。

性病のほとんどは、自然治癒しないため、放っておくと重症化するケースが多いです。『もしかしてら性病かも?』と思ったら、必ず病院で検査してみましょう。症状がない、またはその症状が性病か確かめたい方は、『念のため』病院や検査キットでの検査を検討してみてはいかがでしょうか。

point.性病検査キットでのマイコプラズマ・ウレアプラズマ検査は、STDチェッカーで有名なアルパコーポレーションか予防会がおすすめです!

①アルパコーポレーションのSTDチェッカー

12,100円~

クラミジアや淋病、マイコプラズマ、ウレアプラズマの4つを同時に検査できる検査キットがおすすめです!徹底的に検査したい方は、エイズや梅毒も同時に検査できる10項目を!(※男性用の検査キットのみ)

アルパコーポレーションでの検査結果がもし陽性判定であっても、全国44,000件もの医療機関から、あなたに最適な病院を案内してもらえるからとても安心です!

STDチェッカーはこちら≫

②予防会

7,540円~

予防会はマイコプラズマ・ウレアプラズマだけの検査キットがあるため、『クラミジアや淋病の検査が陰性判定なのに尿道炎が治らない..』という方におすすめ!クラミジアや淋病とのセット検査キットもあります。検査後の治療も視野に入れると、病院が東京に多いため、都内の方におすすめです。

予防会はこちら≫

【チェック!】あわせて読みたい!