性病予防

コンドームの性病予防効果はどれくらい?性病の感染経路の正しい知識

性感染症(STD)の予防にコンドームはどれくらい効果的なのでしょうか?セックスするうえでコンドームを着用することは、避妊や性病の感染の観点から非常に重要です。しかし、コンドームを使用しても100%感染を防げるわけではありません。

コンドームは性病予防になる?

性病予防にコンドームは重要

コンドームは避妊と性感染症の予防を目的につくられていて、れっきとした「医療機器」なんです。コンドームでは、100%完璧に性病を予防するのは難しいのですが、使用することで高い確率で性病の感染を予防することができます。

point.多くの性感染症は、粘膜の接触や性器の小さな傷、血液などから感染します。コンドームを使用する利点は、粘膜に精液や膣分泌液が接触するのを防ぐことや、性交時にできる目に見えない小さな傷を防ぐことです。

コンドームだけでは万全とは言えない?口の接触でも感染することも

しかし、コンドームだけでは完全に性病の感染を防ぐことはできません。フェラやクンニなどのオーラルセックスが一般的になっている現代は、口や咽喉(のど)へのクラミジア淋病を始めとした性病の感染が多く確認されているからです。

コンドームは男性器が勃起してから使用しますが、その前に女性がフェラを行ったりすることで感染する可能性があります。この場合、女性の咽喉(のど)に感染していたら、男性器に感染します。また、男性器が感染していたら、女性の咽喉(のど)に感染してしまいます。いわゆる本番行為を行わなくても性病に感染する可能性があるということです。

point.性病は咽喉(のど)にも感染します。性器は感染していなくても、咽喉(のど)だけ感染するケースも。コンドームは男性の勃起後だけでは万全とは言えないため、正しく使用することが大切です。

すべての行為にコンドームを使用したとしても…

膣挿入時やフェラなどのオーラルセックス、アナルセックスなど、すべての行為でコンドームを使用することで、クラミジア淋病HIV(エイズ)梅毒などの感染を高い確率で防ぎます。

しかし、コンドームの着用だけでは防げない性感染症もあります。性器ヘルペスは性器だけではなく、性器周辺の患部(赤いぶつぶつや水ぶくれなど)から感染します。

また、毛じらみ症では、陰毛感染といって、性器ではなく陰毛の接触によって感染します。本番行為を行わなくても、素股などでも感染する可能性があります。

point.性病の感染経路はその種類によってさまざまです。コンドームは性病予防の観点から非常に重要ですが、コンドームだけでは防げない性病があることを知っておきましょう。

コンドーム以外の性病予防とは?

上記の通り、コンドームは感染予防の観点からとても重要な役割を果たしますが、コンドームだけでは防げない感染があることも事実です。コンドーム以外に感染予防で気を付けたいことの一例をご覧ください。

セックスパートナーを限定することが大切

コンドームの使用は性病予防において重要ですが、セックスパートナーを限定することも大切です。そもそも、性病に感染していない人同士の性行為では、性病に感染することがありません。不特定多数の人との性交がある方は、それだけ感染機会が多くなるということです。

性病の疑いがある場合はすぐに検査をする

『ペニスにかゆみがぶつぶつが..』『おりものの色やニオイがちょっと変..』などなど、自分の性器に違和感があったら、早い段階で検査を行うことも重要です。もし、性病の場合、そのままの状態で放置することで、セックスパートナーに感染させてしまいます。また自身の症状も重症化し、治療に多くの時間を費やすことになります。

【チェック!】あわせて読みたい!