カンジダ症特集

インクリアはカンジダに効果があるの?口コミや評判と膣内洗浄について詳しく解説します!

多くの女性が一生に1回は発症する性器カンジダ症。その症状は、外陰部や膣内の強いかゆみや炎症による痛み、おりものの増加、カッテージチーズ状やヨーグルト状のおりものなどが特徴的です。

カンジダを発症すると、その強いかゆみやおりものの変化によって、日常生活に支障が出るくらい不快感やイライラを感じることも。しかも、カンジダ症は再発しやすくその度に強いストレスを感じます

病院へ行って膣剤を入れてもらえますが、待合室で長い時間待たされ、婦人科検診に抵抗がある方も多いですよね。婦人科へ行かずに自宅でカンジダの予防ができたら…と思います。

そこで今回は、膣洗浄ジェル『インクリア』はカンジダの治療や予防になるのかを解説したいと思います!

公式ページはこちら≫

女性の約7割が発症するカンジダ症とは?

カンジダはカビの一種

カンジダ症の原因菌である【カンジダ菌】は、真菌(カビの仲間)の一種で、膣や腸、口の中などの粘膜に寄生している常在菌です。

カンジダ症は『性病』と思う方も多いかもしれませんが、健康な人でも保有している常在菌の1つで、女性の約15%、妊婦の方で約30%の保有率といわれています。性行為での感染は約5%ほどとされていて、一般的にはカンジダ菌を保有しているだけでは『性器カンジダ症』とは診断されません。

カンジダを発症する主な原因

カンジダを発症する原因は膣内環境の変化と言われています。

膣内は弱酸性を保つことで雑菌が外部から侵入することや繁殖することを防いでくれています。膣を洗いすぎたり、体調の変化などで膣内のpH値が変化することで、膣内のバランスを保っていたデーデルライン桿菌が減少し、身体に悪影響を及ぼす雑菌が繁殖する原因となることがあります。

膣内環境の変化は、普段の生活習慣と大きな関わりがあります。強いストレスや疲れ、睡眠不足などによるホルモンバランスの乱れや免疫機能の低下が原因で発症する場合があります。その他にも、抗生物質やステロイド剤などの投与、ピルの服用などで発症することも。

また、カンジダ菌はカビの一種で湿度が高い湿気を好みます。通気性が悪い下着の着用や、生理ナプキンを取り換えを怠ると、カンジダ菌が繁殖しやすい状況を作ってしまいます。

妊婦さんがカンジダ菌保有率が高い原因は、妊娠によってホルモンバランスの変化によって膣内環境いつもと違う状態になるためといわれています

カンジダ症の症状は強いかゆみとおりものの変化

カンジダ症に感染すると以下のような症状が出る場合があります。

カンジダ症の主な症状

  • 陰部や膣内の強いかゆみ
  • 陰部や膣内の炎症による痛み
  • おりものの増加
  • おりもののニオイの変化
  • ヨーグルト状、カッテージチーズ状のおりもの
  • ポロポロとしたおりもの
  • 排尿痛や排尿障害
  • 性交痛など

特に我慢できないくらいの強いかゆみが出ることが特徴的。おりものの量が増えヨーグルト状やカッテージチーズ状になったりします

公式ページはこちら≫

インクリアはカンジダ症に効果があるの?

インクリアは産婦人科医と共同開発した【膣洗浄器】で、本来人間が持っている【自浄作用】を弱めず、膣内環境を整えることで、デリケートゾーンの悩みを軽減することができる今話題のアイテムです。

インクリアはカンジダ症の予防効果が期待できる

インクリアはデリケートゾーンのかゆみやニオイ、おりものの増加、生理の終わりに使用する膣内洗浄器です。医薬品ではないため、残念ながら、カンジダ症になった際の治療としての効果は期待できないようです。

しかし、膣内環境を整えるという意味ではとても重要です。もともと、女性の膣内は常に酸性を保つことで、外から雑菌が侵入して繁殖することを防いでいます。インクリアは、女性の膣のpH値に合わせた弱酸性の乳液配合されたジェルで、女性の膣内環境をしっかりサポートするため、インクリアを使用することでカンジダの予防に期待できると言えます。

インクリアは医薬品ではないため、『カンジダを治療できる』『カンジダの予防になる』とは薬事法的に言えないものの、膣内の清潔を保つことで、カンジダ症だけではなく、おりもののニオイ対策などにも効果が期待できます。

実際にインクリアを使用した方の中で『カンジダに効果があった』というレビューも多くあります。口コミは記事下記をご覧ください

インクリアの詳細ページ≫

カンジダ治療に膣内洗浄は効果的?

カンジダ症の治療は、一度、膣内をよく洗浄し、カンジダ菌を抑える【抗真菌薬】の膣錠を膣の中に入れることが一般的です。膣錠以外にも、口から服用できる経口薬や、クリームタイプの塗り薬もあり、症状によって医師が治療法を決めてくれます。

膣洗浄は、膣内のカンジダ菌が含まれるおりものや膣分泌物を、一旦取り除くために治療前に行われます。ただし、治療中に自分の判断で膣洗浄を頻繁に行うと、膣内環境が変化してしまう原因になるため、かえってカンジダ症が悪化してしまうことも。

膣内が気持ち悪くて洗いたい時は、インクリアなど、膣洗浄専用のものを使用したほうが良いと思います

公式ページはこちら≫

インクリアの口コミや評判、選ばれる理由

一般的に、経血の残りの洗い流しや、おりものの軽減のために使用されるインクリアですが、どのようにカンジダ対策になるのでしょうか?実際にインクリアを使用した人の口コミや評判をまとめました。

インクリアの口コミ・評判

それではインクリアを使用した方の口コミをみてみましょう!今回は、カンジダ症に関連する口コミをピックアップしてみました!

口コミ①

20代女性

【数日でカンジダの症状がなくなった!】

ときどきカンジダを再発してしまいます。低用量ピルを服用しているのでそれが原因かもしれないですが、再発するたびに強い不快感に悩んでいました。でも、インクリアのことを紹介しているブログで知って、すぐに購入しました!そしたら数日でおりものも出なくなってとっても助かりました

口コミ②

30代女性

【病院へ行くより安い!】

カンジダが再発するたびに婦人科へ行ってましたが、インクリアを使い始めてからほとんど婦人科へ行くことがなくなりました!病院での治療や交通費などを考えるとインクリアで予防していたほうがお財布に優しいと思います。インクリアはコスパ的に◎それに、婦人科検診は苦手なので出来れば行きたくないのが本音です..

口コミ③

40代女性

【彼とのデートにも♪】

カンジダを発症したことはありませんが、デリケートゾーンのかゆみやニオイのケアのためにインクリアを使用しています。特にデリケートゾーンのニオイは、デートの時に気になっちゃいますよね。カンジダ以外にもかゆみやニオイの原因菌があるようなので、これからもずっと使いますよ♪

口コミ④

20代女性

【仕事柄、絶対に必要!】

1日に何回もシャワーする仕事をしているので膣内の清潔感には気を付けていますがカンジダになってしまいました。カンジダは膣剤を入れて治療できました。でも、膣内を洗いすぎるとカンジダになりやすいって聞いて『それが原因だ!』と思って、色々調べていたらインクリアにたどり着きました。それから1日1回ずっと使っててカンジダを発症していません!

口コミ⑤

30代女性

【白いおりものが出なくなった!】

カンジダ症を再発してしまって、できるだけ婦人科に行きたくないので色々探していたらインクリアを紹介しているブログに出会いました。すぐ購入して使ってみたら、白いおりものが出なくなりました!気になってたニオイもほとんどなくなってホントにすごい…乳酸が自浄作用をサポートしてくれてるって感じました!

口コミ⑥

30代女性

【生理が早く終わるようになった!】

インクリアを使用したあとはとってもスッキリします!生理の残りの経血も洗い流せて、いつもより生理が早く終わって、ナプキンを着ける日が減って蒸れ対策にもなるから嬉しいです!

カンジダ症対策で使用した方の多くは、インクリアの評価がとても高いように感じます。

その他にも、もともとインクリアはデリケートゾーンの悩みを軽減するアイテムなので、ニオイやおりものの量で悩んでいる方も『使って良かった』と感じた方が多かったです

口コミをもっとみる≫

インクリアが選ばれる5つのポイント

インクリアが選ばれる理由とは

①管理医療機器

インクリアは産婦人科医と共同開発した【膣洗浄器】で、ちゃんとした医療用洗浄器だから安心して使用できます。安全規格をクリアした素材でつくられているから挿入時も痛くありません。

②膣内環境に合わせたpH値

デリケートゾーンは常に弱酸性を保つことで外から菌が侵入することや繁殖することを防いでいます。インクリアのpH値は約4.5の弱酸性。膣内環境を整えるサポートに。

③乳酸配合

おりものには『乳酸桿菌』と呼ばれる善玉の乳酸菌が含まれています。この乳酸菌によって、腟内は酸性に保たれ、細菌が侵入したり増えたりするのを防いでいます。インクリアは乳酸が配合されているため、女性の悩みであるおりものにしっかりアプローチします。

ビデのように膣内を精製水で洗い流すだけではなく、膣内環境を整えてくれる乳酸菌を配合しているのもポイントの1つです。

④使い切りタイプで衛生的

インクリアは使い切りタイプなので衛生的に使用できます。使い始めから終わりまで、一切手を汚さず使えるところが嬉しい。また、タンポンよりも細いので挿入もスムーズで不快感もありません。

⑤持ち運びが便利

コンパクトでシンプルなパッケージなため、持ち運びしやすいところも◎

インクリアの主成分と安全性

インクリアのジェルに含まれる成分を以下でまとめました。

成分 説明
精製水 殺菌されている比較的純粋な水で、膣洗浄用ビデや化粧品などにも使用されている。
乳酸 有機化合物で、ヒドロキシ酸の1種。悪玉菌の抑制に作用します。
グリセリン アルコールの一種で強い吸湿力がある。医薬品や化粧品には、保湿剤・潤滑剤として使われている。
クエン酸ナトリウム 収れん作用や保湿作用に優れている有機酸でph調整剤としても利用される。
ヒドロキシエチルセルロース セルロース(植物が生成する炭水化物)という天然食物繊維から作られ、皮膚の表面に保護膜を作って肌を守ってくれる作用がある
パラオキシ安息香酸メチル 化粧品などに配合され防腐剤として使われる。肌への刺激や負担が少なく安全性が高く、化粧品などに加えることで製品の長期保存が可能になる。
エデト酸二ナトリウム キレート剤の一種。化粧品の品質を安定(硬水軟化の目的、透明化の目的)させるため、消臭石けんやニキビ予防石けんなどにも配合されている。
ヒアルロン酸ナトリウム 保湿作用目的で化粧品に配合される成分。水になじみやすい特徴があり、水分保持効果が高く美容成分として有名。

乳酸の効果がポイント!

  1. 膣内の自浄作用をサポートしカンジダを含めた雑菌の繁殖を抑制する
  2. 膣内の安定を保つ善玉菌を増やしpH値のバランスを保つ
  3. おりもののニオイの原因に作用する

インクリアの成分の中でも注目したいのが『乳酸』です。乳酸が入っていることで膣内環境を整えます。これがカンジダ予防に期待できる1つのポイントです。

インクリアは、産婦人科医と共同開発した医療洗浄機器です。市販の携帯用ビデとは異なり、ちゃんと管理医療機器として使われているものなので、安全性に心配はありません。

また、薬ではないため副作用の心配もなく、安心して使用できます。

公式ページはこちら≫

インクリアの使用方法について

次に、インクリアの使用方法と使用頻度について説明します

インクリアの使い方

インクリアの使い方はとっても簡単。

①まず、包装の切込み部分から開封して容器を取り出します。清潔にするため、開封前の手洗いは忘れずに。

②包装容器から出し切る前に、袋の中でキャップを指で織るようにして引き抜きます。

③容器を持ち、膣に挿入します。容器の先端から5㎝~8㎝くらいを目安にしてください。このとき、力まずに体がリラックスできる体勢を取りましょう。

④5㎝~8㎝程度挿入出来たら、ピストンを押し出し膣内にジェルを注入します。最後までしっかり出し切ってください。

⑤容器をゆっくり抜き取とり、包装容器に戻しましょう。

インクリア使用後24時間ほどで洗浄液が体外に排出されます。使用後はナプキンを忘れずに

インクリアの使用頻度とタイミング

インクリアの効果は人によっても異なるため、使用頻度は特に決められていません。毎日使用しても問題ありませんし、月に1回でもOKです。

最初は3日間連続で使用することが推奨されていますので、購入時は膣内洗浄のためにも3日間は続けて使用しましょう。一般的には、ニオイやおりものが気になるタイミングや、生理の終わりかけに使用しましょう。

気になる症状があるうちは、連続使用や2日1回の使用をおすすめしています。気になる症状が治まったら週に1回など定期的に使用してみてはいかがでしょうか。

インクリアは妊娠していても使用できる?

インクリアは医薬品ではないため、妊婦さんでも使用できます。妊娠するとカンジダ保有率も高まるため膣内環境は常に気にしておきたいところです。もし心配な方は、念のためかかりつけ医に相談してみましょう。

インクリアとカンジダまとめ

インクリアは医薬品ではないため、カンジダ症の治療や予防ができるとは言い切れません。

ですが、インクリアには乳酸が配合されていて、膣内環境を整える作用があるため、膣内のバランスを崩して発症するカンジダ症の予防に期待できると言えます。

インクリアを使用した方の口コミを見ても、デリケートゾーンのニオイやおりものの悩みの軽減はもちろん、カンジダ症が早く治ったり、再発防止に役に立っているように感じ取れます。

カンジダ症を再発してしまった方や、何度も婦人科へ行くことに抵抗がある方は、自分でできる膣内洗浄【インクリア】を使用してみてはいかがでしょうか

公式ページはこちら≫

【チェック!】あわせて読みたい!