性病検査が安い病院検索

病院よりお得!?性病検査キットとの検査料金比較と抑えるべき検査項目について

性病検査の病院をお探しの方は、比較的低価格で性病検査が可能な『郵送検査』を利用してみてはいかがでしょうか。ここでは、性病検査キットと病院の費用比較と、押さえておきたい検査するべき性病の種類を解説していきます。

検査費用を安く抑えたい方におすすめな、性病検査キットメーカー大手のGME医学検査研究所の紹介もさせていただきます。ぜひ最後までご覧くださいね。

 

どんな人におすすめ?性病検査キットのメリット

まずは、どのような状況の人が性病検査キットを利用するとメリットを最大限に活かせるか、について解説していきます。

こんな人におすすめ!

  1. 性病検査の費用をできるだけおさえたい
  2. 病院での医師の検査に抵抗がある
  3. 近くの病院が見つからない
  4. 一度に多くの項目を検査したい
  5. 誰にも知られずに性病検査したい
  6. 症状はあまりないけど念のため検査をしておきたい
  7. 性器と同時に喉(のど)の検査もしたい

性病検査キットの最大のメリットとしては、病院へ行くことなく性病検査が可能なことです。当然、性病の検査はデリケートな部分を診察されるので、病院に抵抗がある方に特におすすめですよ。

また、病院では必要な診察代(1,000円~2,000円程度)や初診料(1,000円~5,000円程度)を節約することができます。病院へ行く時間や交通費も浮かせることが嬉しいですよね。

ほとんどの病院での性病検査は『自由診療』で対応しています。自由診療は、保険証が不要な代わりに全額自費負担となります。性病検査の費用が病院によって異なるのは、この自由診療は各病院で価格設定が可能なためです。

症状がない、または軽い人は保険診療で対応してもらえないことがほとんどです。『どうせ全額実費なら…』と、性病検査キットを選ぶ方が多いですよ。

ただし、あきらかに性病の症状がある方は病院で診察してもらいましょう。何らかの性病に感染していて、すでに症状があるケースの性病検査は『保険診療』が可能な場合もあり、費用面や迅速な治療の観点からも出来るだけ早く病院での治療が必要です。

※多くの病院では性病検査は自由診療なため、保険診療をお求めの方は先にお問い合わせください。

※郵送検査キットで陽性判定が出た場合は、『検査結果証明書』等を病院へ持参することで、その後の治療がスムーズに行えます。先にどんな性病に感染しているか確認したい方は郵送検査の利用も検討してみましょう。

病院と郵送検査キットの検査費用比較

それでは、病院での性病検査と郵送検査の費用比較をみてみましょう。※検査費用のみの比較です。診察料や初診料は含まれていません。

項目名 検査費用の詳細
クラミジア

◆一般的な病院の費用

 ⇒4,000円~7,500円(税込)

◆GMEの検査キット価格

 ⇒スタンダード 4,800円 (税込)ローコスト 3,750円 (税込)

クラミジア・淋病

◆一般的な病院の費用

 ⇒6,500円~10,000円(税込)

◆GMEの検査キット価格

 ⇒スタンダード 6,580円 (税込)ローコスト 5,490円 (税込)

カンジダ

◆一般的な病院の費用

 ⇒3,500円~7,500円(税込)

◆GMEの検査キット価格

スタンダード 4,480円 (税込)ローコスト 3,440円 (税込)

HIV(エイズ)

◆一般的な病院の費用

 ⇒5,500円~7,700円(税込)

◆GMEの検査キット価格

 ⇒スタンダード 5,110円 (税込)ローコスト 3,740円 (税込)

ベーシック4項目検査

(クラミジア・淋病・カンジダ・トリコモナス)

◆一般的な病院の費用

 ⇒17,600円~22,000円(税込)

◆GMEの検査キット価格

 ⇒スタンダード 7,940円 (税込)ローコスト 6,830円 (税込)

診察代

または初診料

◆一般的な病院の費用

 ⇒診察代1,000円~5,000円(税込)

 ⇒初診料(または再診料)500円~3,000円

※その他、膣洗浄代や処方代がかかるケースがあります。

◆GMEの検査キット価格

 ⇒なし

※病院によって検査費用は異なるため平均的な費用で算出しています。また、郵送検査の費用はGME医学検査研究所の検査キット費用で表記しています。(2022年10月現在で税込み価格)

◆GME医学検査研究のローコストパッケージとは?

GME医学検査研究所では、スタンダードパッケージとローコストパッケージの2種類の検査キットを取り扱っています。ローコストパッケージは、その名の通り簡易パッケージとなっています。検査キットの包装容器の変更によるコストダウンや、万が一採取を失敗したとき用の予備キットを削減することで、販売価格がかなり安くなっているパッケージです。

検査の精度や検査結果までの日数に変更はありませんし、検体採取は説明書通り行えばそんなに難しくないので失敗することはほとんどありません。少しでも費用を抑えたい方におすすめですよ。

これだけは押さえておきたい検査項目を解説!

性病検査のほとんどは、同時に複数項目の検査を行います。一般的には4項目~8項目ほどを検査することが多いです。(※再発やあきらかに症状がある場合等は除く)

なぜなら、性病は2種類以上の同時感染の可能性があるからです。例えば、クラミジアに感染している人の20%~30%の人は淋病にも感染していると言われています。

また、性病に感染した方の多くは、無症状ほとんど症状が出ないことがほとんど。そのため、病院で医師の視診を受けても『どんな性病に感染しているか?』は、ほとんど分かりません。

病院でも、郵送検査でも、検体を採取して精密な検査を行わないと、どの種類の性病に感染しているか分からないということです。

でもどの性病の検査をしたら良いか、分かりにくいですよね…。そこで、これだけは押さえておきたい性病検査項目について以下で説明します。

項目名 検査の詳細
4項目

◆検査できる性病の種類

⇒クラミジア・淋病・カンジダ・トリコモナス

◆こんな方におすすめ

⇒罹患率の高いクラミジア・淋菌を基本に、比較的ポピュラーな性病の検査をしたい方向け。

性病検査が初めての方におすすめ。とりあえず最低限の4項目は押さえたパッケージです。

4項目+のど2種

◆検査できる性病の種類

⇒クラミジア・淋病・カンジダ・トリコモナス・咽喉クラミジア・咽喉淋病

◆こんな方におすすめ

⇒基本的な性病検査に加え、喉に性病の感染している可能性がある方におすすめです。

オーラルセックスの一般化に伴って喉への感染例が多発していますので、喉に風邪のような症状や違和感がある方は、喉の検査も抑えておきたいところ。

6項目

おすすめ!

◆検査できる性病の種類

⇒クラミジア・淋病・カンジダ・トリコモナス・HIV(エイズ)・梅毒

◆こんな方におすすめ

⇒ポピュラーな4項目に加え、HIVと梅毒の検査を加えたパッケージで、代表的な性感染症項目を網羅したパッケージです。

HIVや梅毒は血液感染するタイプの性病です。コンドームなしでの性行為や、アナルセックスを経験した方はこちらがおすすめ。

8項目以上

◆検査できる性病の種類

⇒クラミジア・淋病・カンジダ・トリコモナス・HIV(エイズ)・梅毒・B型肝炎・C型肝炎・HPV等・咽喉クラミジア・咽喉淋病etc..

◆こんな方におすすめ

⇒代表的な性器と咽喉の性病を、一度にしっかり検査したい方向けです。検査項目が少ないと不安な方や、カップルでブライダルチェックを検討されている方におすすめです。

アナルセックス等で肛門に異変を感じる方は、肛門用の検査キットも追加しましょう。

迷ったら6項目+のど検査セット

検査項目に迷ったら、代表的な性病を網羅している【6項目+のどセット】を検討してみてはいかがでしょうか。

日本でも感染者が比較的多い【クラミジア・淋病・カンジダ・トリコモナス】に加え、血液感染する【HIV(エイズ)・梅毒】、喉のクラミジアと淋病の検査ができます。

感染者数が多い性病を網羅していて、ある程度広範囲で検査できるので、特に初めて性病検査をする方におすすめです!

『喉(のど)の検査は必要なの?』と良く聞かれますが、できたらしておいたほうが良いと思います。

オーラルセックスの一般化にともなって、喉にクラミジアや淋病が感染している方が増えてきています。喉に感染した状態でオーラルセックスしてしまうと、相手の性器に感染させてしまう可能性があるため、念のため検査項目に入れておきましょう。

GMEの検査キットはこちらから≫

性病検査キットならGME医学検査研究所がおすすめ!

性病検査キットなら断然GMEがおすすめです!

性病検査キットを販売している医療機関は多数ありますが、GME医学検査研究所が一番おすすめです。その理由を以下で解説します。

GMEのおすすめポイント

  1. ローコストパッケージが業界最安値水準
  2. 送料や手数料が無料
  3. 平日17時までの決済完了で当日配送対応可
  4. 土日の配送も対応可
  5. 365日検査可能で検査結果が断然早い
  6. 全国に2,000拠点以上の提携病院あり
  7. 自社ラボによる信頼性の高い検査

◆検査費用が業界最安値水準

GMEはスタンダードパッケージに加え、余分なものをはぶいたローコストパッケージを行っており、他社の同じ検査内容と比べても数百円~3,000円以上安く購入できるパッケージもあります。ローコストパッケージの取り扱いは、数ある性病検査メーカーの中でもGMEだけです。(※2022年10月時点)

また、送料や手数料等も無料なため、部分的な検査では他社のほうが安いことはありますが、トータル的な金額は業界最安値水準です。

とにかく費用を抑えたい方におすすめです

◆最短当日配送可能で検査結果もダントツ早い

平日は~17時まで、土日は~15時までの決済完了で最短当日に検査キットを配送してくれます。また、GMEは自社ラボ(自社の研究所)で検査を行いますが、この自社ラボは365日営業しているため検査結果が出るまでがダントツで早いのです。

通常、他社の研究所(検査所)は、土日や祝日は稼働していなため、土日をまたぐ検査は時間がかかってしまいます。GMEなら当日配送~検査結果確認まで最短5日程度で済みます。(※検査内容等によって異なる場合があります)

◆自社研究所による信頼性が高い検査を実施

GMEは群馬大学との共同研究開発等、検査結果の信頼性向上に日々積極的に取り組んでいます。

また、「登録衛生検査所」に登録して国から正式に認可を受けた正式機関の為、検査の信頼性は非常に高いです。個人向けの性風俗店の定期検査などの取扱いを幅広く行っている事も、信頼と実績の証と言えるでしょう。

◆提携病院数NO.1

GMEは提携病院数が全国に2,000拠点以上あります。

万が一、性病検査の結果が陽性判定、つまり何らかの性病に感染していると判定されてしまっても、最寄りの提携病院を紹介してもらえるため、GMEが発行する『検査結果報告書等』を持参することで治療がスムーズに行えます。

提携病院ではない医療機関で受診してしまうと再検査からすることになり、思わぬ出費がかさばってしまう可能性があります。

他社の検査キットメーカーは数社~数百社の中、2,000以上の提携病院があることはかなりの安心材料で、アフターケアまでしっかりサポートしてくれます。

性病は放置しても自然治癒しないうえに、セックスパートナーに感染させてしまう可能性があるため、まずは検査するところからが第一歩です。

性病検査をお考えの方は、信頼性が高いうえに検査費用を抑えることができる『GME医学検査研究所』を検討してみてはいかがでしょうか。

⇓GMEの性病検査キットはこちらから⇓

GMEの検査キットはこちらから≫

【チェック!】あわせて読みたい!